スタッフブログ

ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!③

2013.02.08

さてシリコンは「悪」「悪者」なのか?この話で始まった今回のノンシリコンっていいの??シリーズの③ですが、私が出した答えは・・結論・・・やはり・・・「悪」ではない!!

悪いイメージになりつつありますが、一概には言えないと思います。それと、お客様の話に出てくる。「ノンシリコン」「シリコン」が入ってない(ノン)ではなく!!

「ノンシリコン」と言う成分、もしくはコラーゲンやセラミドなどと同じ

美容成分のようなイメージ!! なんだと気づきました!

まとめ・・

従来からあるシリコン入りシャンプー・・種類は色々ありますが、本来は毛髪のダメージをカバーし、手触り、ツヤ、擬似キューティクル、キューティクル上の皮膜の形成など、毛髪のダメージをどうにかしよう!と成分に入っていた。 ただ分子量が大きいと毛髪への吸着が大きくなり、ダメージの有無によっては、厚い皮膜で毛髪を覆ってしますので、毛髪内部へのパーマ液、カラー剤、トリートメントが阻害されることがある。

毛髪のダメージの度合いによって製品の使い分けを行なうことで、良いコンディションにすることが大切で
ある! 一概に
シリコンがダメ!!!!!ではなく、選び方が大切である!!

*ではノンシリコンシャンプーは・・・・

髪の状態によっては、今までシリコンでコーティングされていた擬似キューティクル、皮膜を取っていき、その感じかたがゴワゴワ感じたりするのではないでしょうか??こうなると前に使用していたシャンプーの分子量が大きいか?吸着の度合いによって違う!!!んーーーーえらく難しい時代になりましたね><!

毛髪の状態で、良いかも知れないし、

悪いかもしれない!!シャンプー・・・・結論・・

好み・・・!!です!


とにかく、そのノンシリコンのシャンプーに違うツヤ、手触りの新しい成分が入っていて、またそれが問題になるなんて事がないようであれば、問題は無いと思っています!!

ちなみに当店、頭皮中心主義石鹸はノンシリコンですが・・・・(ん~、少ししつこい!)

洗い上がりは「キュッキュ!」としてます!ぜんぜんサラサラもしっとりもしません!!!

 

*ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!

*ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!②



ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!②

2013.02.03

先日に引き続き、ノンシリコンネタです。実は昨日もお客様から質問がありました。やはり世の中の宣伝効果なんだと思います。。

では、シリコン=シリコーン・・毛髪に対しての効果は

①痛んだ髪の毛髪表面に吸着して擬似キューティクルとなりコーティングをします。
②コーティングすることで、指通りやツヤを良くしていく、そして静電気などを抑える効果もあります。

以上の理由からシャンプー剤やカラー剤に入っていた訳らしいです!! 

ここでノンシリコンシャンプーに変えることで、髪がゴワゴワ、キシキシとの話が出てくるわけですが・・それもそのはず、今までの製品で髪の毛の表面には少なからずもシリコンが付着しているわけです。。ノンシリコンシャンプーで洗い事で、少しづつシリコンが落ちてくるはず・・。そうなれば、擬似キューティクルがなくなってくると考えるとゴワゴワ、キシキシになるのだと思います!!

とりあえず、シリコーンの種類を提示します!
 

 

 *ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!

*ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!③

ノンシリコンっていいの?最近よくある質問!

2013.01.15

ノンシリコンってやっぱりいいの?? こんな話が最近良く聞かれます・・・。自分なりの知識と説明をしますが、じゃーー結論と言われるとすごく難しいと思っています。

まずシリコンのことを調べました。シリコン==シリコーン。。まず正式な名前のようです。⇒Wikipedia

ではその中で専門用語がいっぱい出てきます。何種類かあるシリコーンのなかで化粧品に使われるのは、主にシリコーン油が使用されているそうです。
このシリコーンは私たちの生活の中でたくさんの物に使われていて、パソコンなどの電子機器、化粧品、文具、医療、医薬なんかで使用されているそうです!

(携帯電話のキーパット、哺乳瓶、ペンのグリップ、コンタクトレンズ、カーワックス、ワイパー、食品サンプル、シリコン鍋など・・・・)

!あ!やばい、私はコンタクトレンズなんです・・・・・。!!! 

って驚いてみました。。とりあえず生活の中で、また家の中にいっぱいありますね!

ちなみに当店の頭皮石鹸はノンシリコンらしいです!!

*ではなんで、シャンプーに入ってたのか??そもそもシャンプー剤の中に入れたのはメーカー様なんだから、理由があるはず・・・

*髪の毛がダメージが大きくるとパサつきがでた絡まりやすくなる。そのときにシリコーンは毛髪表面をコーティングして、薄い皮膜を作って絡みや指通りを良くする。ツヤを出す!!  これはある意味良いことですね!!

では今なぜダメだといわれるのか??
(数年前に私が聞いた話だと・・) 

①使い続けると、表面コーティングが重なり、蓋をした状態となり、パーマ液やカラー薬剤の浸透を阻害するので、技術的困ることがでてくる。

②毛穴に詰まることで毛髪の発育に影響するから

でした。でシリコンを落とす専用の薬剤が登場して、メーカーから発売となったりしてます。私たちの仕事では①番が実際に起こると困る話なので、これはダメーーーとなったんですが、本当にそれだけがこの今のノンリシコンブームのきっかけなんでしょうか??

つづく・・・・・


ノンシリコンっていいの?最近よくある質問! ②

*ノンシリコンっていいの?最近よくある質問! ③

<< 1 >> 1ページ中1ページ目
このページの先頭へ